有料サイトを0円で利用する方法

出逢い系サイトやセフレ専門サイトの中には、有料タイプのサービスも存在します。
有料タイプのメリットは、ずばりライバルが少ない点です。

誰もが気軽に登録~利用できる無料タイプは、いずれのサイトも飽和状態になっています。
会員の男女比率は8:2、9:1ともいわれ、セックスフレンド獲得には少なからず運の要素が絡みます。

その点、有料サイトの男女比率は6:4~7:3で比較的に成果を得やすい状態です。
何故なら、有料タイプの殆どは女性会員に限定し『無料』開放しています。
そのため上質なサイトには、自然と女性会員が集まるのです。

より確実な成果を求めるのであれば、利用は有料タイプ一択でしょう。
料金は、自己投資と割り切るべきです。
しかし、必ずしも課金が必要とは限りません。

有料タイプの中には、男性会員向けに『お試しポイント』を提供するところも存在します。
まずは、このポイントを利用してサイト状況を確認しましょう。
上手くいきそうな雰囲気であれば課金を、そうでなければ別のサイトを探します。

また有料タイプの中には、一部の機能を無料開放しているところもあるので、そういったサービスもご活用下さい。

必要なのは語彙力ではなく思い遣り

出逢い系サイトやセフレ専門サイトを活用する場合は、メッセージ機能をはじめ“文字”による交流が基本になります。
しかし、文章力や語彙力はそれほど必要とされません。
もっとも大切なのは、相手への思い遣りです。

どれだけ優れた文章力でも、相手を思い遣る気持ちが感じられないメッセージでは、返信に繋がりません。
大抵は、その場で破棄(削除)されます。

逆に、文章力は稚拙でも、相手を思い遣る気持ちが籠っているメッセージは高確率で返信を得られます。
しかしながら、あまりにも誤字・脱字が含まれるメッセージは印象が低下します。
送信前には必ず一読し、内容も含め確認しましょう。

メッセージの内容に制限はありませんが、セックスフレンドを希望するなら、それに関する事柄に触れましょう。
性癖や趣向ほか、自分がどのようなセックスを希望しているのか、知ってもらうことが大切です。

しかし、テクニックに関する自慢話は控えましょう。
熱意を以って語っても、相手には殆ど伝わりません。
メッセージだけでは、真偽を確認しようがないためです。

微妙な関係ほど危険なものはない

セックスフレンドは、文字通りセックスのみを楽しむ間柄です。
そこに恋愛感情は存在せず、日常生活ではお互いに無縁……つまるところ“他人”でなければなりません。

時として、仲が良い異性友達や、元恋人がセックスフレンドになるケースもあります。
しかし、いずれのケースもお勧め出来ません。
セックスフレンドとしての交流は、中途半端な距離ほど危険を秘めるためです。

問題が明るみになるのは、別れ際です。
セックス以外にも交流がある間柄は多くの場合『交遊関係』が共通しており、愚痴も含め一方の流した情報が共有されます。
そのため一方が悪者として扱われ、交遊関係を失うケースも珍しくありません。

さらに、これら情報が別の交遊関係に飛び火する可能性も否定できません。
故郷・職場・そのほか、いずれも社会生活に欠かせないものであり、飛び火することは社会的地位の失墜を意味します。

そのためセックスフレンドをつくる際は、交遊関係を一切共有しない“完全な第三者”を選択することが重要です。
この点は、出逢い系サイトやセフレ専門サイトを活用すれば解決します。
健全なセックスライフを求めるのであれば、是非ともこれらサイトをご活用ください。

積極性=成果と考える

セックスフレンドを獲得するためには、積極性が大切です。
出逢い系サイトやセフレ専門サイトを活用する場合も、積極性が成果に繋がると言っても過言ではありません。

また、冷静な判断力を持つことも重要です。
判断力に欠ける積極性では『サクラ(やらせ会員)』や『悪徳業者』に踊らされ、泣きを見ます。
また相手が“くどい”と感じるような積極性もいけません。
何事も、匙加減が大切です。

積極的に行動しても成果を得られない場合は、二つの原因が考えられます。
ひとつは、自分自身。
もう一つは、利用環境です。

自分自身にある原因で目立つのは、高圧的・独善的・自虐的といった相手が不快に感じる態度です。
過去に作成したメッセージを見直し、そうした要素を含んでいないかチェックしてみましょう。
また、簡素すぎるプロフィールページも良くありません。
必要な情報は明確に記載し、相手に自分のことを知ってもらいましょう。

利用環境にある原因で目立つのは、冒頭で触れたサクラや悪徳業者の存在です。
いま、やり取りを行っている会員は“本物”か、今一度じっくり観察してみましょう。
交流期間が一か月以上経過しているにも関わらず、何一つ進展がない場合は疑わしいものです。